実はおしりはニキビができやすい?おしりニキビの原因と予防

おしりニキビ

ニキビは顔や背中、デコルテあたりだけにできるもの、なんて思い込んでいる方は少なくないのではないでしょうか。

しかし実際にはおしりにできたニキビに悩まされている人は多いです。

おしりは顔であったり背中などに比べると、皮脂もそんなに多くはなさそうだし、なぜニキビができてしまうのかわからないと疑問に思われる方も大勢いらっしゃるでしょう。

疑問 女性

しかしながら、実際にはおしりというのは体の中では顔や背中程ではないにしても皮脂分泌は多く、その他にもニキビができてしまいやすい悪条件が揃いやすい部位なのです。

これから具体的にはどんなものがおしりニキビの原因になってしまっているのか解説していきますので、参考にしてみてください。

まず、おしりというのはどうしても他の部位よりも常に清潔に保つ事が難しい部位になります。

下着のせいでむれますし、菌が繁殖しやすい環境である事は間違いありません。

困る女性

そのせいでニキビができやすかったり、一度ニキビができてしまうとなかなか治らないのです。

また、お尻は座る時に体重を支える部分になりますから、刺激や負担はとても大きいです。

そういった日々の刺激によりおしりの皮膚というのは角質化してしまいやすく、その厚みのある皮膚が毛穴を塞ぐとアクネ菌を繁殖させる要因となります。

アクネ菌

アクネ菌というのはニキビの原因となる菌ですから、このアクネ菌が繁殖してしまうと顔であろうがおしりであろうがニキビはできてしまうとうわけです。

ニキビは皮脂や角栓などで毛穴が詰まると発生します。ふさがった毛穴の中に皮脂が溜まった状態が白ニキビ、面皰(めんぽう)とも呼ばれています。さらにアクネ菌が増殖して炎症が起こると、赤ニキビや黄ニキビに悪化してしまいます。そうならないためには、まずは正しい洗顔でアクネ菌を増やさないことが大切です。

参考:アクネ菌とは?殺菌法を知ってニキビの悪化を防ごう

このようにおしりというのは意外かもしれませんが、ニキビができやすい部位です。

そしてできると治しにくいという事もあわせて覚えておきましょう。

また、おしりニキビと間違いやすいものもいくつかあります。

おしりニキビができてしまったと思って一生懸命ケアをしても治らない場合、それがニキビではなく別のできものである可能性も考えましょう。

おしりニキビと間違いやすいのは、粉瘤とおできです。粉瘤というのは非常にニキビと似ているものの、毎回同じところにできる、だんだん大きく腫れ上がって強い痛みを伴うという特徴があります。

こういった特徴が見られる場合には、医師に相談をしましょう。

粉瘤の場合には、セルフのスキンケアで完治させる事はできず、手術が必要となります。

手術

そしておできは毛包の化膿により引き起されるもので、毛穴のつまりで起こるニキビとは異なります。

ニキビと勘違いして間違ったケアをしたり放置してしまうと、後で治療が大変になる危険性もあるので注意をしてください。

ニキビにしてもなんにしても、おしりというのはこのように意外と肌トラブルが起こりやすい部位です。

それをしっかりと理解して、日々刺激の少ない下着を身につけるようにする、お風呂でしっかりと清潔にした後には保湿を心がける、必要以上の圧迫や摩擦をさけるなど工夫をしましょう。

そうする事で、おしりニキビができてしまう事を自薦に予防する事ができます。

また仮におしりニキビができてしまっても、これらを心がける事で早くそのニキビを治していく事も可能だと言えるでしょう。

title『実はおしりはニキビができやすい?おしりニキビの原因と予防』
参考:おしりニキビドットコム

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です